様々な役割を持つオールインワンゲル

美容クリームを持った手

オールインワン1つで、化粧水、美容液、乳液というスキンケアには欠かせない物を補ってくれます。
時間短縮にもなりますから、若い女性から主婦まで愛用している人が増えています。

保湿効果がある

スキンケアに必要不可欠な基礎化粧品は、それぞれが重要な役割を果たしています。
肌というのは、角質と細胞間脂質が何層にもなって構成されています。この角質に水分を補給することで、肌を柔らかくさせることができます。
その効果を持っているのが、化粧水です。化粧水を使うことによって保湿効果があるのです。
保湿の効果だけではなく、スキンケアの成分の浸透を促進してくれます。そのため、スキンケアは一番最初に化粧水を使うのです。
乳液も基礎化粧品のひとつです。角質の間にある細胞間脂質を整えることができ、角質を保護する効果があります。
乳液と化粧水は同じ保湿効果がありますが、それぞれ役割が違うのです。

便利な効果

手でほほを挟む女性

基礎化粧品をまとめたような便利なオールインワンですが、効果が中途半端じゃないのか、という疑問に声もあります。
オールインワンは様々な効果がありますが、それぞれの基礎化粧品が持つ効果と比較すると、オールインワンが全て勝るわけではありません。
化粧下地効果があるオールインワンゲルは、肌のキメを滑らかにするので、ファンデーションのノリを良くしてくれます。
それだけではなく、ファンデーションが毛穴に詰まるのを防止する効果があったり、メイクを落としやすく効果があったりと様々な効果があるのです。
しかし、その下地を付けたまま寝てしまうと、肌に与える負担は多いのです。
つけたまま寝ても大丈夫、と謳っているオールインワンもありますが、その場合は成分をカットしているので、通常の化粧下地よりも効果は下がってしまうのです。
つまり、多機能な分それだけ効果が下がる面もある、ということです。
人気ランキング上位に入っているオールインワンは、多機能な物も多いですが、使い道に注意して選びましょう。

必要最小限

効果が下がることがあるなら、オールインワンは使わない方が良い、と思う人もいますが、もちろんメリットもあります。
販売されている化粧品はどんどん進化していて、非常に高性能な物が多いです。高性能と聞くと、良いイメージがありますが、それを適当に使ってしまうと、肌が持っている保湿機能や自己再生能力などの低下に繋がってしまいます。
必要最小限の効果があるオールインワンを使うことによって、自立した肌が作り上げられることもある、ということです。
高性能ばかりを求めがちですが、実際は必要最小限でも十分なのです。
化粧品の中でも、オールインワンがランキング上位に入るほど人気になっていますが、ちゃんと使い方を知った上で、使うことが重要です。

おすすめの記事